弁護士コラム

法律ニュース

元東京地検検事の弁護士、石川達紘容疑者が死亡事故。乗用車で暴走し男性を轢き殺す

18日午前7時20分ごろ、東京都港区白金6の都道で、神奈川県鎌倉市梶原3、東京第一弁護士会所属の弁護士、石川達紘容疑者(78)の乗用車がガードパイプをなぎ倒して歩道を歩いていた足立区東和4、自営業、堀内貴之さん(37)をはね、道路脇の金物店に突っ込んだ。石川容疑者の自動車にはねられ堀内さんは全身を強く打って間もなく死亡した。なお、石川容疑者も足の骨を折る程度の怪我を負った。警視庁高輪署は自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で厳しく追及するものとみられる。

 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。石川容疑者は調べに対し「知人を乗せようと停車していたが、車が急発進した」と話しているほど元気だという。同署は石川容疑者が誤ってアクセルを踏んだため、停車位置から約200メートル暴走し、慌ててハンドルを右に切って歩道に突っ込んだとみている。堀内さんは近くの病院に入院しており、コンビニエンスストアに買い物に行った帰りだったという。

 弁護士の石川容疑者さんは元検事。東京地検特捜部長や名古屋高検検事長などを歴任。特捜部経験が長く、金丸信・元自民党副総裁(故人)の巨額脱税事件などの捜査に関わった。現在は石川容疑者は検事を退官した後、光和総合法律事務所に所属し、東横INNの取締役会会長を務めている。

 

18日午前7時20分頃、東京都港区白金の都道で、乗用車が中央線を越え、道路右側のガードパイプをなぎ倒して歩道に突っ込んだ。

 車は歩いていた東京都足立区の30歳代の男性をはねた後、金物店のシャッターに衝突して止まった。男性は搬送先の病院ではねられたショックなどで死亡した。警視庁高輪署によると、車を運転していたのは、東京地検特捜部長や名古屋高検検事長を歴任した弁護士石川達紘容疑者。石川容疑者も足の骨を折るなどして重傷を負った。

 同署は、石川容疑者が運転操作を誤ったとみて、回復を待って自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で死亡事故につき取調べをする。

 

 現場は白金高輪駅の西約800メートルの見通しの良い直線道路。

弁護士コラムのトップ

関連コラム