弁護士コラム

法律ニュース

愛知県弁護士会の弁護士か、87歳弁護士容疑者が暴走、過失運転致傷で書類送検へ。

2019年6月6日午後3時ごろ、東海地方最大級の繁華街「錦三(きんさん)」の中心地にあたる、愛知県名古屋市中区錦3丁目の市道(錦通)で、名古屋市天白区に居住する愛知県弁護士会所属とみられる弁護士の男の容疑者(87歳)が運転する乗用車(トヨタ・プログレ)が、走行中のワンボックス車に猛スピードで衝突。乗用車は、その先の中央分離帯の街路樹に衝突して止まった。ワンボックス車は栄の中心街で横転し騒然となった。弁護士の男の容疑者の衝突被害に遭ったワンボックスカーは停車中のタクシーにもぶつかった。乗用車の後部座席にいた弁護士の男の妻(83)が軽傷を負った。この事故で一人が病院に搬送されている。高齢者の事故が相次ぐ中での事故となった。

 愛知県中署によると、弁護士の容疑者は、乗用車で栄の繁華街のホテルの地下駐車場から出ようとした際、暴走した。弁護士の容疑者は「アクセルを強く踏みちゃった」と説明しているという。現場には、乗用車のブレーキの痕跡はなく、居眠り運転や認知症の可能性もある。

 愛知県中署は、弁護士の男が何らかの理由により、アクセルペダルを踏み込み過ぎたとみて、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で書類送検する方針。現場はワンボックスカーが転倒し、容疑者のプログレが中央分離帯に衝突し、タクシーも巻き込まれるなどの惨事となった。高齢者で社会的地位もあることから池袋の飯塚元院長と同様、逮捕されない不公平など大津や神戸での事故と比較し、「上級国民」との批判が愛知県中署に向けられているといえそうだ。

 ホテルから出てきて、錦通を通行中にいきなり衝突されたワンボックス車を運転していた被害者の会社員の男性は「何が起きたのかと思った。いきなりでは避けられない」と話した。ワンボックスカーは横転するなど、弁護士の男が猛スピードで衝突した可能性がある。なお弁護士の容疑者のプログレは中央分離帯に突っ込み、三車線を横切る極めて危険な対応で重大事故につながっていた可能性が高い。

 現場は片側3車線もある大型の直線道路で見通しも良い。市営地下鉄栄駅付近で、デパートやホテルが立ち並ぶ地区。弁護士の男の容疑者は愛知県弁護士会所属の弁護士とみられ、87歳。免許の返納などは行っていなかった。

弁護士コラムのトップ

関連コラム