弁護士費用

弁護士費用

  • 弁護士費用には、主に①着手金、②報酬金、③実費があります。
  • 着手金は、着手に対する対価であり、案件のご依頼を受けた時にいただくもので成果の内容に問わず返金はいたしかねる金銭です。
    報酬金は、案件にかかる事務が終了したときに、基準表に即して御請求させていただくものです。
  • 実費は、案件にかかる事務処理に必要な収入印紙代、郵便切手代、謄写料、交通通信費によりあらかじめ一定額をおあずかりするものです。概算により一定額をお預かりいたします。移動手段の運賃は最高額の運賃を利用できるものとします。
  • この基準表は目安であり、所長弁護士の判断により加算減算の調整をさせていただくことがあります。

離婚事件

離婚相談

初回60分無料 二回目以降5,000円/30分

離婚バックアッププラン

5万円/3ヶ月 1ヶ月延長するごとに1万5,000円

離婚協議書作成

10万円

協議・調停サポート

着手金30万円+報酬金(30万円+経済利益の10%)
※ただし、親権・面会交流に激しい争いがある場合には、着手金及び報酬金がそれぞれ10万円ずつ追加になります。例:30万円+報酬金(40万円+経済的利益10%)出廷回数が5回を超えた場合、6回目から1日あたり1万円の出廷日当をいただきます。遠方の裁判所は、1日1万円~3万円の出廷日当をいただきます。

訴訟サポート

着手金30万円+報酬金(40万円+経済利益の10%) ただし、親権・面会交流に激しい争いがある場合、着手金30万円+報酬金(50万円+経済利益の10%)。子の監護者指定・引渡しや保護命令の申立の着手金及び報酬金・終了金は、それぞれ30万円~40万円の範囲で定めます。終了金は成果に関わらずお支払いただくものです。なお調停サポートからご依頼の方は調停の報酬金は発生しませんが、上記着手金の10万円が追加となります。

アフターケアサービスプラン

3万円コース: 年金分割の審判手続もしくは子の氏の変更手続
5万円コース: 年金分割の審判手続および子の氏の変更手続

面会交流

* 当日のキャンセル料は100%いただきます。

受渡型

4時間まで1万円+消費税
7時間まで1万5000円+消費税

第三者が立ち会う必要が無い一般的な面会交流のケースです。受渡し場所は、原則として、名古屋駅ヒラソル法律事務所で行います。

監督型(付添型)

所内:1万5000円
外出:3万円+消費税

例えばお父さんに会わせることについて、お母さんが不安を抱いている場合に、日本では裁判所が関与する仕組みがありません。そこで、裁判官と同じ法曹資格を持つ弁護士が、面会交流をするお父さんに付添い、お子さんの情操などにもできる限りの配慮をします。
*ゼロ歳から2歳児までの乳児の監督型面会交流はお受けしておりません。お子さんの発達の程度によりますが、3時間を上限としています。所内で面会される場合は、おもちゃは持ち込みとなります。

遺産問題

相談料

遺産相続初回60分無料 2回目以降 5千円/30分

遺留分減殺請求サポート

着手金10万円+報酬金16%

遺産分割協議あっせん仲裁サポート

10万円

協議・調停サポート

着手金20万円+報酬金(経済利益の7%【最低30万円】)
※ただし、遺産の範囲・寄与分・特別受益の争いがある場合、着手金および報酬金が各々10万円ずつ追加になります。
例: 30万円+(経済利益の7%【最低40万円】)
経済利益については、3,000万円未満が7%、3億円未満が5%、それ以上は3%となります。出廷6回目から1回1万円の日当、遠方は1日3万円の日当がかかります。

審判サポート

審判に移行した場合は、協議・調停サポートに10万円ずつ追加となります。
例:着手金30万円+報酬金(経済利益の7%【最低40万円】)なお、協議・調停サポート、審査サポートにおいても、遺産の範囲、寄与分、特別受益の争いがある場合、着手金および報酬金が各々10万円ずつ追加になります。例:着手金30万円+(経済利益の7%【最低40万円】)なお、調停サポートから引き続き受任する場合には、10万円を各々追加となります。

刑事事件

相談料

逮捕・勾留中の方は初回60分無料 二回目以降5,000円/30分

初回接見サポート

3万円

身柄解放弁護

着手金30万円+報酬金30万円~50万円(釈放、保釈、不起訴)
*報酬金の額は、事件の性質・難易度・労力で個別に調整あり
*身柄解放弁護の報酬金は身柄解放時にお支払いただきます。

被告人弁護(自白事件)

弁護士費用10万円
※ただし執行猶予が厳しい事案で執行猶予が獲得できた場合は、身柄解放弁護の報酬金20万円~50万円に準じます。

被告人弁護(否認事件)

弁護士費用10万円 ※ただし執行猶予が厳しい事案で執行猶予が獲得できた場合は、身柄解放弁護の報酬金20万円~50万円に準じます。

被告人弁護(否認事件)

着手金 10万円~30万円
報酬金(無罪+執行猶予困難事件) 20万円~50万円

控訴弁護

10万円~30万円

クリプトマニア・カウンセリング

1時間1万円

少年事件バックアッププラン

5万円/3ヶ月 1ヶ月延長ごと1万5,000円
※保護観察や試験観察の際にも少年の話しを聴いて、カウンセリングを通し少年に寄り添います。当事務所では、地域一番価格を目指すため、着手金の中に、被害者との示談交渉料金や示談成立の報酬はいただきません。多額の預託金と称してあらかじ100万円以上を求めることは通常あり得ません。ご注意ください。