弁護士コラム

日経を読んで―権力のバランスを考えるとき

 こどもの関係で、弁護士の職務として教員と面談したことがある。驕り高ぶるとはこのことで、つける薬はないということのようであった。名門私立であったことから、「嫌だったら辞めれば」という態度もみえみえであった。    6月25日付けに福田康夫元首相のインタビューで、「バランスが必要」との指摘が必要との記事が掲載された。    …続きを読む

理念

身柄事件ほど重要な捜査弁護

第1 身柄事件ほど重要な捜査弁護  1 弁護士による直ちに接見することが重要です。    逮捕され被疑者がたいていは警察署にいるような場合は、弁護士から各警察署に連絡をします。また、警察署の捜査弁護については、24時間認められています。  2 書類送検前の弁護こそ重要    書類送検が終わる前までに、たいていな重要な証拠である供述証拠はと  …続きを読む

刑法

判決できたふり裁判。山崎秀尚判事(58歳)を懲戒へ。名古屋地裁岡崎支部。

岐阜地裁は13日、36件の民事裁判で判決文が未完成の状態なのに判決を言い渡して裁判所法の職務上の義務に違反したとして、同地裁の山崎秀尚(やまざき・ひでひさ)裁判官(58)について、裁判官分限法に基づき名古屋高裁に懲戒を申し立てた。  地裁によると、今年4月上旬、判決の言い渡しから判決文の送達までに時間がかかっているケースがあるのを名古屋地裁の職員が見  …続きを読む

法律ニュース

ミルポワのこと

パートナーと付き合い始めて甥っ子が増えた。ブリュッセルに住むシュシュ(青人)、そして瞬だ。   今日は、一緒にお料理。ミルポワを使う。出汁のことなのだけど、瞬の嫌いな、にんじん、玉ねぎ、セロリ、にんいく、パセリ、茎などが満載です(笑)。   出汁をとるとき、野菜の持つミネラルと甘味を加えることにより旨味の相乗効果が生ま  …続きを読む

理念

競馬の配当事件、元寝屋川市課長48歳、控訴中に懲戒免職。

 大阪府寝屋川市は22日、競馬の配当で得た所得を申告せず約6200万円を脱税したとして所得税法違反の罪で有罪判決を受けた市固定資産税課の元課長・中道一成被告(48)=起訴休職=を懲戒免職処分にした。弁護側が判決を不服として控訴中。大阪地裁は5月9日、懲役6月、執行猶予2年、罰金1200万円(求刑懲役1年、罰金1900万円)の判決を言い渡した。判決で、中道  …続きを読む

法律ニュース

インターネット検索事業の意義とプライバシー

インターネット検索事業の意義とプライバシー   第1 事実の概要  Xは、児童買春をしたとの被疑事実に基づいて、児童ポルノ処罰法違反容疑で、平成23年11月に逮捕され、同12月に同法違反の罪により罰金刑に処せられた。Xは当時サッカー選手だったため、インターネット上のウェブサイトで逮捕当日に報道され、それがインターネット上の電子掲示板  …続きを読む

法律ニュース

福田千恵子名古屋高裁事務総長が、でっちあげDVに賠償命令

 子供を連れて別居中の妻が捏造(ねつぞう)した家庭内暴力(DV)の話を警察官がうのみにした結果、不当にDV加害者と認定され、子供と会えなくなったとして、愛知県に住む40代の夫が、40代の妻と県に慰謝料など計330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁民事10部(福田千恵子裁判長)であった。福田裁判長は夫側の主張を認め、妻と県に計55万円の賠償を命  …続きを読む

法律ニュース

再雇用、賃金を75%減は違法、トヨタ判決に続き違法―九州惣菜事件

 定年後の再雇用契約を巡り、九州惣菜から賃金の75%カットを提示され退職した元従業員の女性が、勤めていた九州惣菜に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)が原告、会社双方の上告を不受理とする決定を出した。  これにより、定年後の極端な労働条件悪化は、65歳までの継続雇用を義務付けた高年齢者雇用安定法の趣旨に反するとして、会社に慰謝料  …続きを読む

法律ニュース

検察官がスマホで盗撮―「わいせつ」検事の平木伸佳容疑者(46)を盗撮で逮捕―神戸地検姫路支部内に変態検事。

兵庫県姫路市の神戸地検姫路支部庁舎で、盗撮する目的で女子トイレに入り、女性にスマートフォンを向けたとして、神戸地検は15日、県迷惑防止条例違反と建造物侵入の疑いで神戸地検所属の検事、平木伸佳(ひらき・のぶよし)容疑者(46)=大阪市淀川区在住=を逮捕した。認否は否認しているとみられている。  神戸地検所属の検事、平木伸佳容疑者の逮捕容疑は昨年9月19  …続きを読む

法律ニュース

風俗営業適正化法違反被疑事件で準抗告で勾留要件が否定された事案

名古屋地裁平成21年6月24日決定   1 本件勾留に係る被疑事実の要旨は、名古屋市内に所在する店舗型性風俗特殊営業店の店長である被疑者が、同店経営者と共謀の上、同店の営業に関し、あらかじめ愛知県公安委員会に所定の届出書を提出しないで、条例で定めた営業禁止地域内である上記店舗の個室内において、同店女性従業員らをして、遊客らの陰茎を手淫等  …続きを読む

刑事訴訟法
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11