弁護士コラム

法律ニュース

判決できたふり裁判。山崎秀尚判事(58歳)を懲戒へ。名古屋地裁岡崎支部。

岐阜地裁は13日、36件の民事裁判で判決文が未完成の状態なのに判決を言い渡して裁判所法の職務上の義務に違反したとして、同地裁の山崎秀尚(やまざき・ひでひさ)裁判官(58)について、裁判官分限法に基づき名古屋高裁に懲戒を申し立てた。

 地裁によると、今年4月上旬、判決の言い渡しから判決文の送達までに時間がかかっているケースがあるのを名古屋地裁の職員が見つけ、両地裁が調査していた。

 山崎裁判官は「事件処理に追われて、やむなくやってしまった」と話しているという。言い渡された判決と、判決文の内容が変更された事実は確認されていない。

 山崎裁判官が名古屋地裁岡崎支部に在任していた2017年4月~18年3月、36件の民事裁判で判決文が完成していないのに判決を言い渡した。

 岐阜地裁の田村真(たむら・まこと)所長は「裁判官が法律に基づかない手続きを行ったことは誠に遺憾。再発防止に努める」とのコメントを出した。

弁護士コラムのトップ

関連コラム