弁護士コラム

法律ニュース

競馬の配当事件、元寝屋川市課長48歳、控訴中に懲戒免職。

 大阪府寝屋川市は22日、競馬の配当で得た所得を申告せず約6200万円を脱税したとして所得税法違反の罪で有罪判決を受けた市固定資産税課の元課長・中道一成被告(48)=起訴休職=を懲戒免職処分にした。弁護側が判決を不服として控訴中。大阪地裁は5月9日、懲役6月、執行猶予2年、罰金1200万円(求刑懲役1年、罰金1900万円)の判決を言い渡した。判決で、中道被告は起訴事実を認めていたものの、証拠収集手段について違法を訴えていたが、大阪地裁は違法だが重大ではないなどとして証拠として採用していた。控訴中に懲戒免職処分になるのは異例。しかし、原告は、証拠収集手段を問題にしていただけで、起訴事実を認めていたことから、懲戒免職としたものと思われる。しかしながら、競馬は副業にあたらない上、中道被告にどの程度の申告の必要性の認識があったかなどを総合的に考量すると、直ちに懲戒免職とするには疑問が残るようにも思われる。

 

弁護士コラムのトップ

関連コラム